シャチ ★ 2017/03/21(火) 12:40:02.96

    ウォール・ストリート・ジャーナル 3/21(火) 12:32配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170321-00012255-wsj-int
     クリームチーズや半熟の目玉焼きが乗ったベーグルは、もはやこれまでだ。マンハッタンの
    シーフード販売店兼レストランは、「朝食にスシを」というコンセプトを消費者に売り込んでいる。

     観光客にも人気の商業施設チェルシーマーケットに長年にわたって店を構える「ロブスター・プレイス」は先月、
    20席のスシバー(カウンター式のすしコーナー)の開店を午前9時半にする試みを始めた。
    シェフの「おまかせ」は68ドル(約7700円)。以前はスシバーはランチとディナーしかやっていなかった。

     同店のデービス・ヘロン氏によると、スシの朝食に対する顧客の反応は上々で、20人やってくる日もあったという。

     同氏によると、「朝食にスシを」というコンセプトは東京の築地市場からアイデアを得た。また、
    同店の調理スタッフは以前から仕込みのために朝から出勤していたため、
    営業時間が長くなっても人件費がそれほど上がらないという事情もあったという。

     ロブスター・プレイスの一部の顧客が指摘するように、すでにニューヨーカーには朝食の選択肢として
    魚を受け入れてきた歴史がある(少なくともスモークサーモンや白身魚という形では)。
    またスシはドーナツなどに比べて健康的だとも指摘されている。

    「わたしはタンパク質が取りたい。スシで良いではないか」

     こう語るのは、ニューヨーク在住のライター兼映画製作者ローリー・グウェン・シャピロ氏だ。
    同氏は最近、朝方にロブスター・プレイスのスシバーに立ち寄り、68ドルの「おまかせ」ではなく、
    より少量で価格の安いセットを楽しんだという。

     昼と夜の営業が中心だったニューヨークのレストランで最近朝食を始めたのは、
    ロブスター・プレイスだけではない。過去2〜3年で多くの老舗レストランが朝食ブームに乗って
    似たような取り組みを行っている。つまり、労働コストをそれほど上げることなく、売り上げを伸ばすための取り組みだ。

     アッパーイーストサイドのレストラン「イーライズ・テーブル」も先に、これまでは週末限定だったブランチを毎日提供し始めた。

     オーナーのイーライ・ザバー氏は、需要は確実にあると述べる。とりわけ、ニューヨーカーが
    長年朝食のために訪れていた昔ながらの食堂やコーヒーショップが姿を消しつつあるからだという。

     とはいえ、スモークサーモンや卵料理など標準的なメニューを提供して朝食の営業を始めるのと、
    朝食にスシを提供するのは別の話かもしれない。

     この点で言うと、ラーメン屋もそうかもしれない。

     ミッドタウンのレストラン街「ゴッサム・ウェスト・マーケット」にあるラーメン店「アイバン・ラーメン・スラープ・ショップ」も、
    朝食で客を引き付けようと試みた。同店はチェダーチーズ、卵とハムを入れた朝食用メニューも創作した。
    しかし人気にはならず、開店時間を昼に戻したという。



    【【ダイエット☆食事】寿司はドーナツよりもヘルシー 朝からスシ、NYで新たなブームとなるか】の続きを読む

    カイキニッショク 2017/04/21(金) 00:06:16.44

    <食欲の衝動>脳内神経回路が原因 遺伝学研助教ら解明

    毎日新聞 4/20(木) 18:00配信

    食べものを見ただけでつい衝動的に食べたくなる気持ちは、目で見た情報を食欲に転換する脳内の神経回路が原因になっていることを、
    国立遺伝学研究所の武藤彩(あきら)助教らのグループが熱帯魚のゼブラフィッシュの稚魚を使った実験で明らかにした。

    こうした食欲の衝動は、本能なのか生後の経験なのか解明されていなかった。
    赤ちゃんが何でも口にくわえたがる行動や、ダイエットがなかなか成功しない理由も、
    こうした神経回路が原因になっている可能性がある。
    20日付の英科学誌ネイチャー・コミュニケーションズ電子版に発表した。

    グループは、特定の神経回路が興奮すると光るようにゼブラフィッシュを遺伝子操作し、
    その稚魚にえさのゾウリムシを近づけたところ、興奮して光る脳内の神経回路が新たに見つかったという。

    この回路は、視覚をつかさどる部分から食欲をコントロールする部分につながっており、
    偽のゾウリムシを映像で見せても光った。
    遺伝子操作でこの神経回路を働かないようにすると、稚魚はゾウリムシに興味を示さず何も食べなくなったことから、
    経験ではなく神経回路が作用していることが分かったという。

    グループの川上浩一・同研究所教授は「食欲の制御や、摂食障害の治療法の開発につながる可能性がある」と話す。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170420-00000069-mai-sctch



    【【ダイエット】食欲の衝動、目で見た情報が原因だった ダイエット法の開発につながる可能性も?】の続きを読む

      2017/02/23(木) 07:57:59.89

     愛子さまの生活ぶりは長期欠席以前と変わらない程度まで戻ってきているように見える一方で、
    愛子さまの登校風景からは、むしろさらに体重が落ちているのではないかと感じてしまうほどだ。
    これに警鐘を鳴らすのは、精神科医の片田珠美氏だ。
    .
    「愛子さまのお変わり様は、摂食障害のうち、拒食症といっていい状態だと思われます。
    そういった患者の多くは、やせている状態が心地いい、美しいと思い込んでいることが多いんです。
    場合によっては命の危険があるにもかかわらず、その危険性を認識することができない」
    .
     そもそも、愛子さまのご体調不良は、過剰な「炭水化物抜きダイエット」が引き金だったともいわれている。
    .
    「客観的に見れば病的な変化でも、本人はそう思っていない。むしろ“私はどんどん美しくなっている”と、
    恍惚の快感を覚え、さらにやせようとする。この状態は、体重低下の負のスパイラルといえるでしょう。
    愛子さまの拒食は、すでに危険水域といっても過言ではありません」(前出・片田氏)



    【【激ヤセ】医者「愛子さまはダイエットする事で自分が美しくなってると思い込んでる危険な状態」】の続きを読む

    このページのトップヘ