:セントーン :2015/09/24(木) 14:19:20.24 ID:qOEKcme/0

    アメリカの子供3000人以上の2歳から19歳までの子供に調査したところ
    リンゴが一番好きなフルーツでした。
    リンゴはアメリカで消費されているフルーツの約29%です。
    3分の2がそのままで消費し、残り3分の1がジュースに使われています。
    3000人以上の2歳から19歳までの子供に調査したところリンゴが一番好きなフルーツでした。


    http://www.goldenpost.top/archives/1040843376.html


    【アメリカの子供に「好きなフルーツ」を調査した結果wwwwwwwwwwwwww】の続きを読む

    :あずささん ★ :2015/09/25(金) 17:43:27.92 ID:???

    日本でCA(キャビンアテンダント)と言えば、特に女性の間で憧れの職業として、人気が高いことで
    知られている。語学力といったスキルや能力以外にも、身長などの容姿も採用基準として設けている
    航空会社も存在するようだが、なんとエア・インディアがCAに減量命令を下したというのである!
    なんでも、太りすぎで空を飛べない従業員が、125人もいると報じられているのだ。

    ・エア・インディアがCAに減量命令!
    インドのデリーとムンバイに拠点を置くエア・インディア航空が、約600人のCAに減量するよう
    命令を下し、痩せられないなら地上勤務に転属すると通告したという。
    2014年に、インド民間航空局が規定したBMI(肥満度を示す体格指数)は、男性客室乗務員で
    18〜25、女性客室乗務員は18〜22が理想とされている。BMIが22〜27だと太り過ぎで、27以上だと
    肥満に分類されてしまうとのこと。

    ・太り過ぎで125人が地上勤務に転属!
    その結果、当局の規定では約600人のCAが標準にそぐわないと判断され、6カ月以内に減量する
    ように言い渡されたのである。同航空に勤務するCAは現時点で3500人程になるが、およそ
    17パーセントものCAが減量命令を下されたことになる。そして、半年以内に痩せられなかった
    CA125人が、肥満を理由に地上勤務に転属されることになったのだ。

    ・容姿の問題ではなく安全上の問題だと強調
    エア・インディアはCAの体重について、容姿の問題ではなく安全上の問題だとし、「痩せている
    客室乗務員の方が、緊急時に素早く効率的に対応できる」とコメントしている。
    また、インド民間航空局は、40歳以下のCAは4年ごとに健康診断を受けるよう規定しており、
    40〜50歳は2年ごと、50歳以上なら毎年の検診を義務付けているそうだ。
    エア・インディアは、男性客室乗務員よりも女性客室乗務員の方が体重が軽いため、コスト減を
    実現できるとも述べている。航空会社側が減量を命じるならば、従業員としては、スポーツジムへ
    通う費用などは負担してほしいところではないだろうか。

    ソース/ロケットニュース24
    http://rocketnews24.com/2015/09/25/635239/


    【エア・インディア航空がCAに減量命令! 太りすぎで空を飛べない従業員が125人にのぼることが判明】の続きを読む

    :リキラリアット :2015/09/28(月) 05:01:59.07 ID:ujOBO3tD0

    仕事の合間に愛飲している人も多いコーヒー。飲みすぎると胃が痛くなる…なんていう人もいるが、最近ではむしろ
    “カラダに良い”という研究結果が次々と発表されている。そこで、特に注目の研究結果を5つ紹介しよう。

    ●研究結果1 1日4杯以上飲むとがんのリスクが低下!?
    米ハーバード大学の研究によれば、コーヒーを1日4杯以上飲んでいる大腸がん患者は、飲まない人に比べて
    大腸がんを再発するリスクが低かったという。

    ●研究結果2 1日1.5杯以上で糖尿病の予防効果アリ!?
    ギリシャのHarokopio(ハロコピオ)大学は、18歳以上の男女3000人以上の生活を10年間調査。毎日1.5杯以上コーヒーを飲む人は、
    そうでない人よりも糖尿病を発症するリスクが54%低いことが分かった。ただし、砂糖やミルクの入れ過ぎはNGだとか。

    ●研究結果3 コーヒーの抗酸化作用で虫歯予防に…
    虫歯の歯周病の原因である歯垢は、歯の表面に細菌が集まって張り付いている状態だ。この歯周病菌を含む細菌の巣窟は
    、バイオフィルムと呼ばれる。抜けた乳歯にバイオフィルムを培養させ、コーヒーに漬けたところ、コーヒーがこのバイオフィルムを
    破壊することがブラジル・リオデジャネイロ連邦大学の研究で分かった。理由は、コーヒーに含まれる抗酸化物質の影響と考えられている。

    ●研究結果4 心臓や脳血管、呼吸器の病死リスク減少
    日本の国立がん研究センターや東京大学などの研究チームが昨年、日本人の主要な死因と生活習慣の関係を調査した。その結果、
    コーヒーを毎日3〜4杯飲む人は、ほとんど飲まないに比べて、狭心症や心筋梗塞などの心臓病、脳内出血や脳梗塞などの脳血管病、
    肺炎などの呼吸器病による死亡の危険性が減ると公表した。

    ●研究結果5 「運動前のコーヒー」で疲れにくくなる!?
    米ラトガース大学に所属する運動科学の専門家・Shawn Arent氏によると、運動前にコーヒーを飲むと集中力や意欲が高まるだけでなく、
    疲れにくくなって長時間の運動を続けられるという。普段の生活にウォーキングやランニングを取り入れている人は、試してみるとよさそうだ。

    http://r25.yahoo.co.jp/fushigi/wxr_detail/?id=20150928-00045005-r25


    【コーヒーに凄い効能!最新研究5選】の続きを読む

    このページのトップヘ