2016年03月

    :砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ :2015/09/25(金) 06:27:49.42 ID:???

    24日に放送されたフジテレビ系『とんねるずのみなさんのおかげでした』の人気コーナー
    『食わず嫌い王決定戦』で、とんねるずの石橋貴明がマツコ・デラックスの食事の仕方を暴露し話題になっている。

    今回対戦したのは、マツコと女優の篠原涼子。篠原は、マツコの一品目として「とろろご飯」を指名した。

    初めはとろろだけを食べたマツコだったが、続いてとろろをご飯にかけて食べる事に。
    丁寧に行儀よく食べようとしたマツコが「本当はこんな食べ方しないんだけどね」と呟くと、篠原がすかさず「本当はどうやって食べるんですか」と質問した。

    それに対して、マツコは茶碗を持ち上げてかきこむ仕草を見せた。

    だが、この食べ方を見た石橋が「最近あの食べ方止めたの」と唐突に質問し、話題はマツコのプライベートでの食事の仕方へ。

    ご飯を喉に詰まらせつつマツコが説明したのは、「何もかも嫌な日に行うご飯の食べ方」だった。

    なんとそれは、「ジャーの中のご飯に生卵を入れる」「岩海苔を入れてグチャグチャに混ぜる」「ジャーを茶碗にしてしゃもじでご飯を食べる」というもの。

    豪快すぎる食事方法にスタジオが笑いに包まれるも、とんねるずの木梨憲武だけは冷静に「おいしそうだな」と賛同していた。

    これに対してネット上では、「マツコってジャーごと飯食ってたのwww」「ジャーで米を食らうww食べ方もデラックス 大好きです」
    「マツコがなにもしたくない日にやる ご飯炊いてそのままジャーに生卵と岩のりぶちこんだやつ食べたいやろうかな」などのコメントが寄せられている。

    http://netallica.yahoo.co.jp/news/20150925-00159434-scoopie
    2015/9/25 01:10 - Scoopie News



    【『とんねるずのみなさんのおかげでした』マツコ・デラックスが衝撃の食事方法を明らかに!】の続きを読む

    :砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ :2015/09/25(金) 09:16:45.04 ID:???

    9月23日、モーニング娘。’15(以下、モー娘)の鈴木香音(17)が自身のブログで公開した、大リバウンドしてしまったという告白に対して、
    世間から「卒業しろ」「最後のチャンスだったのに」など、厳しい声が多く上がっている。

    “ズッキ”の愛称で親しまれている鈴木。2011年に約9,000人の応募の中からオーディションに合格し、モー娘の9期メンバーとしてアイドル活動を開始した。
    特技は変顔で、オーディション審査のときもコントを披露するなど、“NG無しアイドル”として人気を集めている。
    しかし、もともと太りやすい体質なのか、着々と体重が増加し、ファンからは「太りすぎ」といわれてきた。

    今回のリバウンド騒動のキッカケは、今年5月のダイエット宣言にある。舞台「TRIANGLE」の出演メンバーから落選したことをキッカケに、ダイエットを決意したズッキ。
    ダイエット宣言から2カ月で9キロのダイエットに成功! 「かわいい!」「ズッキが完全に取り戻してる」など称賛の声が集まっていた。

    しかし、23日に公開されたブログで「本当にごめんなさい…。やっぱりなと思った方も多いでしょう。
    鈴木香音、大リバウンドです なにやってんだ…泣 自分のペース掴めるように頑張ります。・゜・(ノД`)・゜・。」
    とリバウンドしてしまったことを正直に告白し、謝罪をした。

    この告白に世間からは、「別に謝る必要ないだろ」「怪我と病気だけは気をつけて」などフォローする声も聞かれたが、
    「うわぁまじで引いた」「自分に甘すぎる」といった厳しい意見も多く、
    「アイドルグループにデブはいらない」と、“アイドルは太っていてはダメ”という意見も飛び出した。

    先月には、AKB48の島田晴香が“4カ月で6kg減量する”と宣言して物議を醸したばかり。
    アイドルの宿命なのかもしれないが、無理なダイエットで体を壊してしまったら本末転倒。
    アイドルは太っていてはダメだという認識は少し酷なような気もするが……。

    http://netallica.yahoo.co.jp/news/20150925-06380929-taishu
    2015/9/25 09:01 - 日刊大衆



    【モー娘・ズッキのリバウンドに酷評噴出! アイドルは痩せていないといけないのか!?】の続きを読む

    このページのトップヘ