カテゴリ:

    :腕ひしぎ十字固め :2016/03/06(日) 19:02:28.60 ID:J5peiywL0

    sssp://img.2ch.net/premium/1051729.gif
    編集部 先月、糖質制限ダイエットの第一人者として知られる作家・桐山秀樹氏が心不全で急死されました。
    62歳とは、まだ若いですよね。そもそも、糖質制限ダイエットを巡っては、医者のあいだでも賛否両論が繰り広げられてきました。これ、本当に大丈夫な方法なんでしょうか?

    稲島 確かに、糖質制限の賛成派と反対派の議論はあちこちで見かけますよね。でも、糖質制限の効果とリスクを巡る議論は、2000年代にある程度の結論が出ているんですよ。

    編集部 え、そうなんですか!

    稲島 はい。図はよく引用される臨床試験です。数あるダイエット食事法の中で代表的なものを3つ挙げて、中等度肥満の被験者322人を調査したものです。
    脂肪分全体を減らす昔ながらの「低脂肪」ダイエット、そして「地中海食」は、大ざっぱに言って野菜や果物、豆類、オリーブオイル、魚介類などを多く摂取する食事です。
    そして、黄色で描かれたラインが糖質制限。3種類とも体重が減っていますが、その効果は地中海食と糖質制限で持続していますね。とくに開始後4〜5ヵ月までは、糖質制限で体重が最も減少しています





    糖質制限は本当に危険なのか!?|ニュース3面鏡|ダイヤモンド・オンライン
    http://diamond.jp/articles/-/87335?display=b


    【糖質制限始めたんだけど主食は何を食えばいいの? 夢の中までブロッコリーが出てきて困ってる】の続きを読む

    :ミラノ作 どどんスズスロウン :2016/03/04(金) 19:43:10.59 ID:xVXeMk1n0

    公式サイト(幡ヶ谷、世田谷上馬、代々木公園近くに実店舗あり)
    http://bluelug.com/

    オンラインショップ(オリジナルブランドもあるらしい)
    https://store.bluelug.com/


    渋谷・富ヶ谷に自転車店「ブルーラグ」3店舗目 ビギナー意識した店づくり



    渋谷・富ヶ谷に自転車ショップ「BLUE LUG YOYOGI PARKがオープンして2カ月がたつ。経営はブルーラグ。
    2007年にオープンした幡ヶ谷店(初台から移転)などに続く3店舗目の出店となる同店。
    店名の「ラグ」はパイプとパイプをつなぐ部品のことで、来店客とスタッフなどさまざまな人などを「つなぐコミュティー場」という思いを込めて命名している。
    「ビギナーを大切にしたい」という思いから「入り口になるような店づくり」を目指したという同店。
    通行人や自転車に乗っている人も多く仕事帰りでも寄れることも考慮して、周辺に自転車店少ない同所へ出店。
    あえて、幡ヶ谷店の半分ほどになる店舗面積約40坪の空間を選び、ファサードをガラス張りにしたほか、店内全体を見渡せるようにするなど「明るい雰囲気」に仕上げた。
    店内にはサドルを使った椅子を配置したカウンターや、修理や組み立てを行う作業場も併設している。
    ピスト・マウンテンバイク・街乗り自転車などさまざまな自転車やパーツ、アパレル、バッグなどをそろえる同店。
    取り扱いブランドは、オリジナルブランド「FAIRWEATHER」のアパレルや自転車の部品、米自転車ブランド「SURLY」、
    伊自転車ブランド「Cinelli」、サンフランシスコのハンドメードバッグブランド「INSIDE LINE EQUIPMENT」、LAのサイクリングウエアブランド「SWRVE」など。

    オープン以降、近隣のアパレルショップや飲食店で働く人や主婦など幅広い客が来店している。
    「長年やっているとマニアックになっていってしまう。未来のお客さんを増やすためにも、できるだけかみ砕いて分かりやすく説明するように心掛けて」という松本和也店長。
    「一から組み立てを考えるのも楽しいし、愛着も湧く。そして完成したら使えるのが魅力。DIYっぽく、アナログなものを組み立てることを楽しんでほしい」と来店を呼び掛ける。

    営業時間は14時〜22時。木曜定休。

    http://www.shibukei.com/headline/11392/


    【自転車を買おうと思う こういう店行けばいいの?】の続きを読む

    :名無しさん@1周年 :2016/03/06(日) 01:42:28.52 ID:m7aKZy8U0

    世界の美意識はこんなに違った。女性の"完璧なプロポーション"は?(比較画像)
    https://t.co/fx4bIT7lAs

    世界の美意識はこんなに違った! 1人の女性を20カ国以上でフォトショップ加工(画像)
    https://t.co/X5sMBAsiBB

    「ゴムをつけてくれない彼にはこの画像を見せて」 コンドームを自分の腕に装着した海外女性が話題



    sssp://o.8ch.net/8r9f.png


    【アンチエイジングに日焼けは禁物 日光を避ければ最大20歳若く見える結果に】の続きを読む

    :いちごパンツちゃん ★ :2016/03/04(金) 17:37:44.32 ID:CAP_USER

    小学校時代の遠足の楽しみといって思い出すのは、持参する「おやつ」ですよね。
    「一人300円まで」なんて決まりがあったり「バナナはおやつに入るのか?」
    という定番の質問があったりと、思い出深いものです。

    けれど、最近は遠足のおやつを禁止にしている学校も出てきているようなんです。

    理由としては、おやつを食べる時間の関係や、
    経済的な理由でおやつを持っていけない家庭への配慮などがあるのだとか。

    あの北斗晶さんも自身のブログで、最近の遠足のおやつ事情を説明。
    お子さんの学校では、おやつは300円などの値段で決まっているのではなく
    「自分が食べられるだけ」というルールなのだそうです。

    ちなみに北斗さんは遠足先でみんなと交換できるように「蒲焼さん太郎」30袋入りを
    子どもに持たせようとしたそうです。
    けれど、食べられる量だけというルールがあるため、お子さんから断固拒否されたのだとか。

    最近の子どもはおやつにシビアのようですね。
    遠足のおやつの楽しみが今は薄れていると知ると、ちょっとさみしくなりますね。

    http://news.infoseek.co.jp/article/asajo_7344/


    【最近の小学生の遠足“おやつ”事情wwwwwwwwwwwwwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ